腰椎椎間板ヘルニアの治し方は症状や原因をちゃんと知れば簡単です!

ヘルニアアイキャッチ「昔に腰椎椎間板ヘルニアなってるからこの腰痛は・・」

慢性的な腰痛の方とお話していると、 過去に『腰椎椎間板ヘルニア』を患ったことを、何年経ってもひきずっている方の話をよく聞きます。

『腰椎椎間板ヘルニア』に1度なったらその後は何年も後遺症のような腰痛に悩まされ続けないといけないものなのでしょうか?

しかし、それはみなさんの間違った思い込みで実際はそんなことはまったくありません!

しかし、『腰椎椎間板ヘルニア』のことを知らなければ

「そんなものなのかな・・」

って思ってしまいますね。

もしこのような誤解をそのままにしてしまったら、『腰椎椎間板ヘルニア』にうまく対処することができません。
そのことで、治るものも治らない・・・なんてことになってはいけません!そうならないために、病態をちゃんと知っていただければと思います。

スポンサーリンク

 

腰椎椎間板ヘルニアって何が起きているの?

『腰椎』は、背骨がずらっと積み上がっているなかの腰のところにある5つを言います。

腰椎

それは、前に(お腹の方に)飛び出すように弓なりに反っているのが自然です。  モデルさんや外国人の方のウエストまわりをみてみれば一目瞭然ですね。
日本人より更に反っていますのでよくわかりますね。

695933523_942

その逆に、ご年配の方の腰を考えてみますと、この腰の反りが

  • なくなってしまってまっすぐになっていたり
  • 逆側に(背中側に)に丸くなっていたり

することもあります。

t02200285_0560072613125148264

この5つ積み重なった『腰椎』の間には、

  • 腰の曲げたり伸ばしたりねじったりの動きをサポート
  • 身体にかかる衝撃を吸収する『ショックアブソーバー』

のような役割をもった『椎間板』があります。

『腰椎椎間板ヘルニア』とは、
『腰椎』にある『椎間板』が『ヘルニア』になっている
ことを言います。

椎間板ヘルニア

この『ヘルニア(hernia)』という言葉は、
「本来あるべき場所から脱出(飛び出す)状態」
という意味です。

これらを整理すると、
『腰椎にある椎間板が傷んで本来あるところから飛び出してしまっている』
という状態をいいます。

その飛び出した先『椎間板』がその先にある『神経』にぶつかってしまうことで『神経』に問題が起こったりします。

スポンサーリンク

椎間板がヘルニアで神経にぶつかったら

『腰椎椎間板ヘルニア』で飛び出した『椎間板』が『神経』に当たると『神経』がうまく働けなくなります。

『神経』は身体の情報をやり取りしている電話線のような役目をしているので正しい情報が伝わらなくなります。

今回の『神経』が担当しているエリアは、
『腰から下の足にかけての範囲』で%e8%85%b0%e6%a4%8e%e6%a4%8e%e9%96%93%e6%9d%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2_%e7%a5%9e%e7%b5%8c
出てくる症状は、

  • 痛み
  • しびれ
  • 感覚異常
  • 筋力低下

などいろいろです。

これを身体をひとつの山と例えて考えてみます。神経2

山の頂上から流れる『神経』という名の川があります。

その川がある腰の部分でせき止められると、そこから更に下流の足には水がきちんと流れません。

川の水であれば下流の人は

  • 飲み水に困る
  • 洗濯が出来ない
  • 農作物が育てられない

など、今までのことができなくなって、困ってしまいます。

『神経』の場合は、『神経』からの情報がちゃんと伝わらないので

  • 痛み
    太ももの外側からすねが痛い
  • しびれ
    すねやふくらはぎの外側が正座をしてしびれたときのように「ビリビリ」「ジンジン」します
  • 感覚異常
    足を触っても薄皮一枚挟んで触られているような感じで、その感覚が鈍くなります
  • 筋力低下
    『腰椎椎間板ヘルニア』ではよく
    「足首に力が入らなくて、たいして高くない段差でつまづく」
    など、足の力が入りにくくなります
    期間が長くなると筋肉が痩せて細くなってきます

などの症状がでます。

『椎間板』の飛び出し方で『神経』への当たり方も変わります。

それによって、症状が右側に出たり、左側に出たり、両足に出たりします。

中には、
「力が入らなくてフラフラしてまともに歩けない」
「尿や便通に問題が出てきた」
などの症状もでます。

こんな状態になった場合には、自分で対処できる範囲を超えていますので病院へ行ってください。
きちんと検査を受けて対処していただく必要があります。

ここではこのような問題がおきていないケースとして考えていきます。

スポンサーリンク

 

ヘルニアで起こるいろいろな症状について

腰の動きによって『椎間板』にストレスがかかり飛び出している『椎間板』が『神経』を圧迫することが強くなります。

腰に負担をかけるような動きをしたときに、

  • 腰から足にかけて電気が走ったような『痛み』がでます。
    特に、下の範囲あたりにおきることが多いです!
    神経痛
  • 『ヘルニア』以外の疾患では、 腰・お尻・股関節などの比較的腰に近いところだけに『痛み』がでます。

このように『ヘルニア』の出る痛みは

  • 電気が走ったような『痛み』
  • 出る範囲が腰から足に向かって

出るような特徴があります。

日常生活では、

  • 「顔を洗う動作がつらい」
    洗顔
  • 「靴ひもを結ぶのが痛い」

など特に前にかがむ動作で問題が出てきます。

このような傷みは、『ぎっくり腰(急性腰痛)』でも起きるので『腰椎椎間板ヘルニア』に限った事ではありません。

神経に負担(ストレス)をなるべくかけないようにと身体を背中を『くの字』に傾けてしまう
『疼痛性側彎(とうつうせいそくわん)』
という身体を歪めた立ち方をすることがあります。

疼痛性側彎

実際、こういう格好している人を見ると、
「辛いんだろうな・・」
っていつも心が痛くなります。

ここまでで、『ヘルニア』の病態についてみてきました。
後半は『腰椎椎間板ヘルニア』について

  • 病院でどのように診断されるの?
  • 『手術しないといけない場合』と『手術しないでいい場合』の違いはどこにあるの?
  • 『腰椎椎間板ヘルニア』と診断されたけど、手術と言われなかった人はどんな治療があるの?

などのみなさんが気になるところについて解説していきます。

「腰椎椎間板ヘルニアの治し方は症状や原因をちゃんと知れば簡単です!」を最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事がお悩み解消の助けになったかな?と思っていただけましたら
↓のボタンをクリックしていただければ今後の励みになります。

ページ: 1 2

    

56 Responses to “腰椎椎間板ヘルニアの治し方は症状や原因をちゃんと知れば簡単です!”

  1. 湯浅りょうじ より:

    筋肉トレーニングをしてくださいとドクターに言わましたが
    効果ありますか?

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます。

      そのドクターが何を指して言われているのかは直接聞かれないとわかりません。

      私の見解としては、『頚椎椎間板ヘルニア』に直接筋力トレーニングが効果的とは言えないと思います。

      しかし、
      『頚椎椎間板ヘルニア』→首まわりの構造的問題(不良姿勢、加齢変化など)→首周りのバランスを改善により首への負担軽減→筋力トレーニング
      という解釈であれば意義があるものではないかと考えます。

      個人的には、うまくおこなえればすごく効果があるものと考えております。

      それにつきましては
      http://ne-stra.jp/112.html
      を参照ください。

  2. 小出あやか より:

    お風呂に入る時はじっくり浸かっても大丈夫なんでしょうか?また、治し方があったら教えてください。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます。

      お風呂はまったく気になさらずに入っていただいて構いません。
      腰回りの循環が良くなることは、腰に対して効果的です。

      体操をされるのであれな、まずはドローインから習得されることをお勧めします。
      http://ne-stra.jp/1321.html

  3. 宮崎まさゆき より:

    MRIをとって医者に軽いヘルニアといわれました。
    車の整備士なんですがタイヤを持ったりとか前かがみになることが多いんですが痛みが無くなるまでは控えた方がいいですか?

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます。

      そのままで悪化しないとも言えませんし、理想を言えば痛みがある動作は控えられる方がよいと思います。
      ただ、軽いヘルニアと表現される場合は画像診断的にはさほど問題視するほどのことがなくたいしたことなかったと考えてもいいと思います。

      後は地道に負担を軽減させながら良くしていただければと思います。

  4. masahiro より:

    ヘルニアになり椎間板が無くなり滑り症です。10年以上薬を飲んでいます。滑ってしまっている腰椎の対策、治療法は何かあるのでしょうか?手術での治療だと後遺症が大変だと聞きました。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます。

      ヘルニアを経験され、現在はすべり症になられているということでしょうか?
      すべり症を『構造的』によくするには手術療法しかありません。もちろん、必ずしも手術しないといけないと言っているわけではありません。

      すべり症についてはこちらをご覧ください。
      http://ne-stra.jp/2834.html

  5. 智哉 より:

    はじめまして。失礼します!

    約1ヶ月前にヘルニアになりました。31歳です。
    去年も腰を痛めたんですけど、鍼に2回ほど行って結構すぐ治りました。

    朝が特にひどく、1日3回の薬をすぐに飲んでごまかしている感じでしょうか。

    でも、2日ほど前からひどくなってしまいました。
    痛み止も効かなくなってしまい。
    現場仕事でして、もう行けないので休んでいます。

    いつもと違う事したと言えば、
    日曜日で、休みで時間があったので、
    お風呂の時、最近あまり湯船に浸からないのですけど、ゆっくり浸かってストレッチの様な事しました。
    脚とか、腰をねじったり。骨がなる感じ。

    その時痛く感じたりとか、おかしくなった!とかは思いませんでした。
    むしろ気持ち良くて。
    ひどくなってしまったのはそれが原因でしょうか?
    お風呂やストレッチが良くない場合もあるんでしょうか?
    ただの偶然なのか、今回、初めに腰がおかしくなった時もお風呂に入った後にひどくなりました。

    ちょうど薬も切れるので、今日また医者に行ってみます。
    あまり何かを期待出来る感じでもないのですけど。

    ヘルニアは治りますか?
    もう結構経つのでなんか不安になってしまい(笑)
    いつまで続くのかと。

    ドローイン、腰痛体操は効きますでしょうか?
    まだやってなく・・・すいません。
    ちゃんとやってみます!

    長々申し訳ないです。
    ありがとうございました。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます。

      お風呂後で伸びやすくなっているところに、腰をねじることや前屈をすることで筋肉が伸ばされ過ぎてしまうことがあります。
      それで、翌日に腰にだるさや痛みを感じる方をしばしばみかけました。

      お風呂後のストレッチはやりすぎる可能性があるのであまり最初はおすすめできません。

      ヘルニアは自然にほとんど治ると言われています。安心してください。

      体操は効果が期待できます。また、近日腰痛特集の記事をアップ予定なのであがりましたらそちらを参考にしていただきたいですが、
      まずは基本中の基本、ドローインから始めてみてください。
      こちらでも十分効果的です。
      http://ne-stra.jp/1324.html

  6. 宇宙 より:

    今年の1月からヘルニアになりなかなか治らず、今(11月)となっては、歩くのも大変な状態になって、医者から手術した方が、いいって言われてますが、本を読んでもヘルニアは、自然に治るとありまだ手術した方が、いいか悩んでます。
    どうしたもんでしょうか。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます。

      当記事でも記載させていただいておりますし、本でもおそらく書かれていると思いますが
      おっしゃる通り昨今手術適応はめっきり減ってきて、よほどのADL障害(日常生活の支障)がなければ手術には至りません。

      それでも、歩行障害があるとなればかなりの問題です。
      そのような方は、最近でも仕事にならないから・・と手術を選択される方もいらっしゃいます。

      ご自身が今の状態を受け容れられるかどうかを考えながら医師と相談して決められることをお勧めします。

  7. 匿名 より:

    11月18日にヘルニアと診断され、ブロック注射を受けました。打って4~5日は激しい痛みが続き、痛み止めで耐えていました。今日で7日目ですが、未だに、左足外側、膝の裏側、お尻上部の痛みが治まりません。立つと膝の裏側辺りが痛くて、左足が着けない状態です。明日、また診察なんですが、ブロック注射をまた受けた方がいいのでしょうか?整体等で治まらないのでしょうか…。仕事(立ち仕事)も休んでいて…。

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      腰椎椎間板ヘルニアは、症状をいかにおさえられるかがポイントです。
      それさえできれば手術しないで済むようになりますので、うまく痛みをとるためにブロックなども選択肢としてはありではないでしょうか?

      整体は、個人的には熟練した方の治療であれば効果はあると考えます。

  8. くま より:

    家族にヘルニアによる?坐骨神経痛の者がいます。
    学生時代に腰に負担をかける陸上競技をしていたそうです。
    たまにぎっくり腰的なものはありましたが他の症状は特になく今まで過ごしてきましたが、20年近くしていなかった最近陸上(短距離走)を再開し、それに寄ってなのか年のせいもあるのか、ストイックに筋トレ(インナーマッスルを鍛えるも含む)をしすぎたのか、坐骨神経痛で困っています。
    じっとしていたら大丈夫らしいのですが。
    仕事は休む訳にもいかず立ち仕事なので、痛みをこらえながらしています。
    筋トレ、走る等はお休みしています。(できる状態ではないので。)

    前置き長くなりましたが、仕事は家族が代わって行けるものではないので、安静にもできていないし、今の状態では自然吸収どころか改善は無理ですかね。
    それとも時間がかかっても上記の状態で自然吸収はあり得ますか?

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      スポーツを再開されたりしたことで腰にかかる負荷が高まって、『坐骨神経痛』の症状が出ておられたのでしょうか。
      無理をしないで当サイトで紹介させていただいている体操をされることをお勧めします。
      http://ne-stra.jp/3376.html

      現状をうかがう限りでは、『ヘルニア』があると診断されたわけではなさそうですね。
      そもそも『ヘルニア』が原因で出ている症状かどうかも疑わしいのではありませんか?

      もし仮にヘルニアだったとしても、1年以内に90%の人が自然吸収は期待できると腰痛の権威のドクターがテレビで断言されております。
      ご安心ください。

      まずは体操できるものからで構いませんので実践をお勧めしてみてください。
      無理せず続けていただければ改善のお役に立てるものと考えます。

  9. 千葉 昌宏 より:

    私は 12月に 入ってから ぎっくり腰みたいな 表情が 何日も 続いて 気がついたら 腰の痛みは なくなっていましたが 右足が しびれて 右足の足首が マヒして 足先が 上がらなくなっています。病院では 手術した方が いいと 進められていますが、なかなか仕事も 休めなくて。手術を しなくても いいい方法が あれば~と 思いますが

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      日常生活や仕事ができているのであればもう少し経過をみてみるというのも可能ではないかと思います。
      現状であれば手術はしなくちゃいけない緊急性があるわけではなさそうですし最終決定はご自身になりますので、医師と相談の上判断されると良いと思われます。

  10. miaue より:

    以前から椎間板ヘルニアと言われておりました。
    ここ数年落ち着いておりましたが、3ヶ月前より腰痛、足の痛み、しびれがあり医者の勧めでMRIを撮りました。
    診断は椎間板ヘルニアと診断され、2箇所ありました。
    手術をしないのであるれば、現状維持が最良と言われました。
    日常は痛み止めと神経痛の薬で乗り切っております。
    現状としてはちょっと無理するとすぐにブロックを受けないといけない状態になってしまいます。
    この状態を3ヶ月繰り返しております。
    はやり、手術を受けるべきなのでしょうか?
    ほかに方法はないのでしょうか?

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      医師は現状維持も選択肢と言われているであればやはりご自身の選択次第だと思います。
      腰椎椎間板ヘルニアで手術は特に本人さんの希望によるものが強いのでご自身が現状をどうとらえていらっしゃるかではないでしょうか?
      最初の頃が特に症状が強いものなので、これから症状が和らぐことが予想されます。

      とにかく、コルセットや腰痛エクササイズなど腰回りに良いことをするのは大切だと思います。

  11. 伊民秀子 より:

    椎間板ヘルニアは吸収されて治るとのことで新しい発見でした。私は、立ち仕事にて2年前に骨盤の痛みと足の痺れにより受診したところ椎間板ヘルニアと診断を受け、3ヶ月程で辛い症状がなくなり、1年後長時間の座り放しで、同じ症状になりました。それも数ヶ月で治り、また現在、4日前に同じ立ち仕事にて、尾骶骨や骨盤、腰の痛みが出ています。これらは全て別、新規の椎間板ヘルニアということになりますか?一度かかれば長く付き合う持病と認識していたので、今回治れば今後は体操により回避できると考えて良いでしょうか?
    また今回マッサージやはりきゅうを初めて受けようかと悩んでいましたが、痛みのあるときに受けても大丈夫でしょうか?また効果はあるのでしょうか?

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      今回、神経症状が出ているわけではありませんしヘルニアと考えにくいのではないでしょうか?
      『腰椎椎間板ヘルニア』自体が長期化するという認識は必要ありませんが、そうなる原因となる腰への負担をかけていた生活習慣等がなかなか変わらないため、腰痛などは起こりやすくなると考えていただいていいと思います。

      施術に関しては通常は問題ありませんので、治療家に症状をお伝えいただければ対応していただけると思います。

      • 伊民秀子 より:

        お返事ありがとうございました。今回は年末年始に安静にしていたら良くなりましたので、仕事にも支障がありませんでした。今年は生活習慣を見直しドローインに挑戦して脱腰痛を目指します。神経症状は長期化しない、との言葉はとても安心しました!

  12. nayamityuu より:

    32才の4年前に腰のヘルニアになりました。当時はヘルニアとわからなかったので、介護の仕事を腰と下肢痛を我慢しながら続けていました。 
    だんだん痛みが良くなってきたのですが、9ヵ月くらいして仕事をしていると指先の痛みが酷くなり、仕事をしづらくなったので、それから3ヵ月後に手術しました。
    その後、2年はすごく調子が良かったのですが、去年の7月からぎっくり腰を繰り返し、11月に同じ箇所のヘルニアになり、仕事ができず退職しました。今は、整骨院に通って回復を待っています。
    ドローイングはしています。
    朝はすごく動きやすくなりましたが、30~40分歩いていると腰が痛くてビッコをひいて歩幅も小さくなってしまいます。
    しばらく休むとまた歩けますが、長距離は痛くてしんどいです。
    治るのか不安です。このままだったら、ブロック注射を試すか、それでだめなら、再手術なのかと考えてしまいます。
    手術すれば、介護の仕事に戻れるのか、2度もヘルニアになるのは、戻らない方が良いのか悩んでいます。
    最初の手術も介護の仕事を続けるために決めてしまったので、転職すれば手術しなくても良かったかもしれません。
    安易に、楽になるなら手術したいと思った自分に後悔していますが、歩けないと困るので、このままだとまた手術を考えると思います。
    良くなりますように。

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      腰椎椎間板ヘルニアになるには、それなりの腰への負担が根底にあったはずなのです。
      手術で神経症状は解消されてもその腰への負担をかけるバランスは改善されないままなのでそういった意味の再発のリスクは非常に高くなります。

      コツコツ、ドローインのレベルをあげて更に腹筋を鍛え、全体バランスとして腰に負担をかけない身体使いを習得するというのが根本解決につながる話になるのかと考えます。

      • nayamityuu より:

        返信ありがとうございます。
        ドローインからトレーニング、気長にコツコツ頑張ってみます。

  13. 中学 より:

    はじめまして。まだ中1ですが、腰がとても激しい痛みに2回も襲われました。ある日病院に行ってレントゲンとMRIをとり見てもらうと一回目に痛くした、椎間板の軽いヘルニアが見つかったと診断されました。こういうまだ10代でも椎間板のヘルニアになるお方はいらっしゃるのですか?

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      中学生の方がなられる若年性のヘルニアもあります。
      軽いヘルニアという表現がされる場合は、
      ・画像ではたしかに『ヘルニア』はあるけど今ある症状が『ヘルニア』特有のものでない
      ・原因を『ヘルニア』と言い切るには症状と一致しない
      ことです。

      どちらにしても、腰に負担をかけないようにしっかり腹筋を鍛えたりするセルフケアが大切なので、あまり『ヘルニア』について気をとらわれ過ぎることなく自分ができることを地道にこなしていきましょう!

  14. SHIMA より:

    こんにちは。
    40歳女性、事務職です。

    4日前に腰椎椎間板ヘルニアの症状が出て、歩けなくなりました。
    整形外科で痛み止め等いただき、現在はまだ痛みとしびれはあるものの、家の中でつたい歩きができています。

    ドローインを始めてみたいと思うのですが、どのタイミングで始めたらいいのかがわかりません。

    寝返りや座る立つなどの動作がまだ痛みを伴う場合は、始める時期ではないでしょうか?

    なにとぞご教示をお願いします。

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      ドローインやその他紹介している腰痛関連の体操は、できるものからはじめていただいて結構です。
      ただ、症状がきつい時はできるものが限られていて、無理せず痛みや違和感などがあるのものは避けながら進めていってください。
      そのうち、すこしずつできる種目が増えていきますのでそれを確認しながらできそうなものを順次足していっていただければどんどん効果が期待できます。

  15. nuunu より:

    こんにちは、丁度2週間前に整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。MRI検査で結構大きく出ていると言われたものの、手術などは適応外と言われました。
    最初の3日間は激痛でしたが、2週間たった今は直立もできるし、痺れも親指の部分だけになり、座っていても痛みはあまりないですが、ずっと立っていると痛みがあり、痺れのあった足が上手く動かせない為、変な歩き方になってしまいます。
    この状態で、できる範囲でストレッチ等をしたほうがいいのか、このまま安静にした方がいいのか悩んでいます。
    と言うのも、海外に住んでいて、たまたま日本に帰国中にヘルニアになってしまったため、戻るには12時間のフライトがあり、向こうに家族がいるので完治するまで待つ事ができない状況です。いっこくも早くせめて痛みがでない状態になれば、家族のもとに戻れるのですが。病院の先生は痛くても飛行機で行く人はいるし、それは自分次第と丸投げされました。

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      もし家族が同じ相談をしてきましたら積極的に体操をすることを勧めます。
      体操で症状の改善が早まることはよく経験しておりますのでそれを期待します。

      しかし、しびれなどの症状が種目によって出てしまう場合があるので、その予兆を感じたらすぐにその種目を中止するというやや繊細な対応が必要なのが注意としてあります。
      基本的に当サイトで紹介しているものは症状の悪化をしにくいものを選んでいるので大丈夫とは思いますが、自身の感覚をしっかり確認しながら行ってみられてはいかがでしょうか?
      http://ne-stra.jp/3860.html

  16. 順子 より:

    2年前海外旅行中に激痛が走り、痛み止めを飲み残り2日こなし帰国後直ぐ整形外科に行きヘルニアと診察され現在は、足先に痺れが有ります。
    この痺れは取るにはどの様な方法とどの病院にかかれば治して頂けるお医者様に巡り会えますか教えて頂けますか?大阪府在住です

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      一般的には、『しびれ』は症状として出やすく解消されていく時も最後まで残りやすいものです。
      このしびれを直接とる治療はなく、それができると言う医師は私の知る範囲ではいないと考えます。

      根本的に腰まわりのケア・治療をしていくうちにとれていくことを期待するというのが正しい向き合い方ではないかと考えます。

  17. バター より:

    去年の8月末にヘルニアになりまして、もう既に7ヵ月経ちます。
    以前より腰は曲がるようになった気はしますが、太もも裏のしびれが消えず悶々としています。
    毎日ストレッチをしてきました。
    既にだいぶ時間がたっているのもあり、なおるか心配です。
    早くスポーツがしたいのですが、
    悪化するのが怖くてできません。
    どうしたらいいでしょうか?

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      症状が続いているのは確かですが、経過として長引いているというわけでもなさそうかと思います。
      しびれは、他の症状と比べても出やすくなかなか最後までとれないものでお困りの方が多いです。

      正直再び症状が出るリスクがない状態なんてありませんし誰もそんな保証をしてくれません。
      なので危険を減らすことはできても、完全な安全を待っていたらいつまでもスポーツはできません。

      そこで、当サイトとしは当たり前のことしか言えませんが、その可能性を極力減らすべく自分ができる腰まわりの再発予防のケアをしっかりすることしかないのではないかと考えます。
      身体を労わりながら徐々に様子をみて、できるようならスポーツ復帰していくというのがいいかと思います。

  18. 匿名 より:

    小学5年生の娘がヘルニアと診断されました。1年生の時からバレーボールをしてまして、4月3日の練習試合後に痛くて泣きだしまして。
    2週間たちましたが、まだ痛みはある様子で、朝、顔を洗う時とかの姿勢が1番痛いようです。
    整体とかに通ったりした方がいいのでしょうか?
    娘には大きな夢がありバレーは続けたい気持ちが強く…
    どうすればいいのかわからず
    悩んでます…>_<…

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      MRIによる確定診断があったということでしょうか?
      私の経験では、保存療法で3か月くらいで症状改善してスポーツ復帰された同年代のお子さんを診せていただいた経験はあります。
      若年性は神経症状が比較的出にくく、基本的には保存療法を行いますが治りが成人に比べ遅い傾向があるようです。
      片足を足を挙げると痛みがすぐ出る(SLRテスト20度 陽性)が続くようであれば手術適応になる可能性があったと記憶しています。
      現状ではまずはそのまま自然観察するしかないと考えます。

      整体などに関しては病院サイドからすればはあまり意味がないといわれると思います。
      私がもし同じ立場であれば、できることはしてあげたいので整体や腰痛体操をさせてみるなどは試してみると思います。

  19. jtaro より:

    3週間くらい前にくしゃみから腰に激痛が走り、接骨院に行った所、疼痛性側湾と診断され電気治療とテーピング、コルセットで様子を見てとにかく安静にしろとの事でした。3週間ほぼ毎日通い同じ治療を受けているのですが、寝返り、歩くのも痛くこのまま治療受けるのに疑問を感じるのですが先生はとにかく今は安静が大事との事。本当にこのままでいいのが不安です。ご意見お願いします。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      疼痛性側彎は、急性腰痛(いわゆるぎっくり腰)や腰椎椎間板ヘルニアなどでみられます

      こういうときは、身体に負担をかけないようにうまく逃げてくれていますので無理に身体を起こす必要もなく身体に起こっている問題の解決にあわせ自然に戻っていきます

      安静でじっとしろとは言いませんが、常に痛い動作や生活習慣は避けて腰をケアしていけばよくなると思っていただければと思います

  20. 匿名 より:

    こんにちは。ヘルニアと前に診断されたのですが、最近腰が痛く朝かなり痛くて少した時間がたつとすこしよくなりますが、また少し時間がたつと痛みがでてしまいます。質問ですが一番腰に負担のかからない寝かたを教えてください。宜しくお願い致します。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      月並みな答えになりますが、まずは自分が一番楽な姿勢であればいいです

      その中でも、仰向けがまずできなくなる傾向があり横向きで寝られる方がほとんどです

      横向きの向きやすい側がよいですし、たいがいは痛い側を上にします

      膝と股関節は軽く曲げておくという体勢が楽で腰に負担がかかりにくいでしょう

      また、股にクッションを挟むと良い場合もあります

  21. satoshi より:

    仕事中座っている方が多くなり、骨盤の関節が痛くなりました。病院で受診したところ
    ヘルニアっぽいと言われました。1~2週間たっても、立ち上がったら右のふくらはぎから足の親指までしびれがでます。一度MRIを受診した方がいいですか?

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      担当医との相談も必要でしょうが、現状であればMRIを撮影する意義としては『ヘルニア』かどうかの確定診断しかありません。
      手術をかんがえるような状況になっているわけでもなさそうですし、確定診断されることで治療内容は大きく変わることはありません。

      会社の都合上確定診断する必要がある、自分が病態をはっきりさせないと不安、症状が辛すぎるなどがあるようであれば撮影する意義はあると思いますので
      担当医に申し出られてもよいでしょうが、それがなければ私であれば撮影はしません。

  22. r より:

    はじめまして。
    数年前に軽いヘルニアと診断され、1ヶ月程で、会社に行けるようになりました。
    最近また、コリとは違う痛みがあり、お尻から足にかけて違和感があります。
    このような状態の時の処置はどうしたら良いのでしょうか?
    今ストレッチ等しても、痛みが増すのみなのですが。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      今回はヘルニアと診断を受けておられませんし症状からであれば坐骨神経痛の方を参考にされるとよいかと思います。
      http://ne-stra.jp/3427.html
      実際にこちらでリンクで紹介している体操を行ってみられることをお勧めいたします。
      http://ne-stra.jp/3376.html

  23. あやっぺ より:

    はじめて椎間板ヘルニアと診断されました。41歳になります。
    夜眠れません。
    痛みがどんどんましてきています。薬のみ。今回注射されると思います。この病院は繰り返すのか?安静にって、動いてだめなのか?寝ていないと治らないか?教えてくださあ。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      動くのがだめってことはありませんが、症状が強くならない動作を選ぶことは大切です。
      寝ていないと治らないってこともありません。一定期間経過すればだいたい楽になっていくのが一般的と思っていただいてもよいかと思います。

  24. ちー より:

    中1の女子です。この前、病院に行きました。腰にベルト、痛みは、シップ?です。しかし、クラスの男子に、こう言われました。「お前、ヘルニア?」と。私は、気になったので、調べて見れば、似たような症状でした。そうすればいいですか?

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      クラスメイトは、『腰痛といえばヘルニア』とテレビか何かで聞きかじりしたイメージでただ軽く言っただけではないでしょうか?
      もちろん、中1でもヘルニアは起こります。
      しかし、医師はそうおっしゃっていないでしょうし、それで似たような症状があってもベルトや湿布という対応を変えることは特にないと思われます。

      どうしても心配ならもう1度病院を受診して先生に聞いてみられてはっきりさせてから対応されたらよいと思います。

  25. ゆき より:

    メールで失礼します!早速ですが2年前に交通事故にあい脛椎ヘルニア、腰椎ヘルニアが見付かりました!元々あったヘルニアとの診断ですが、腰の痛み首肩の痛み、シビレ、等々、2年間苦痛に絶えています!日常生活もまともに送れません!医師によると神経が腹かいているから、先ずは神経を落ち着かせる事との事でした!案の定、理学療法を受けたら痛みが酷くなりベットから移動すら出来ない状況になりました!その後は、ただただ痛みに絶えて一日を過ごしています!
    本当に治るのでしょうか?
    因みに飲み薬もほとんど効果はありません!頭痛が楽になる位です!
    アドバイス宜しくお願いします!

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      詳細がわかりませんが、まず医師の診断ではヘルニアがあったかもしれませんが2年経ち手術の話も出ていないことからすれば手術という選択肢はなさそうですね

      良くなることはもちろん期待できるでしょうが、病院での治療がさほど期待できない以上、民間療法をされるか当方としては体操をされてはいかがかと考えます

      体操は人にされる理学療法より、自分のペースでできるので悪化のリスクは少ないと考えます

  26. eより より:

    もともと腰痛はあったものの市販の薬などを飲みながら誤魔化せる程度の痛みから、年末から急に悪化して病院に行った所
    MRIをとってヘルニアの坐骨神経痛と診断されて、薬で様子を見ることになったのですが、足の痺れと痛みで立ってる事もできない状態で10日も寝たきりです。寝てれば薬も何となく効いてるかなっていう程度で、起きると激痛で、そしてまた横になる時も激痛が10分ぐらい続いて少し治まってくるの繰り返しです。
    今は手術するのも少ないと聞くので、出来れば避けたいのですが、この状態で手術をしないではよくならないのでしょうか?
    毎日痛みに苦しんでいます。

    • tomokazu より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      症状は自然軽快していかれるのを期待できますので、そのまま経過をみられることが可能なら手術しないでいけるのではないでしょうか

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ