お尻から太ももが痛いしびれる『坐骨神経痛』の症状や原因・治療とは

お気に入り記事登録

坐骨神経アイキャッチ「腰からお尻にかけて痛い!」

ってとき、もしかして坐骨神経痛?と頭に思い浮かぶ方もいるかもしれません。

『坐骨神経痛』は、昔から有名な名前で

「お尻から太ももにかけて痛いのは、坐骨神経痛だからだと思うんだけど・・」

など自分で診断される方が多く聞きましたが、その症状でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。

『坐骨神経痛』は病院でこの病名が診断名で言われることもありますが、厳密にいえば正式な病名としてつけられることはそうそうありません!

坐骨神経痛の病名は、『椎間板ヘルニア・腰椎症』などはっきりと診断がつかないけど、確かに坐骨神経の問題で症状が出ているだろうというときにつけられがちです。

坐骨神経痛かな?と思われた方も、病態をきちんと知っていただいて自分に当てはまるかみてみられてから対策をすると効果が出やすいでしょう。

今回は、坐骨神経痛に関する

  • 原因や症状から診断方法まで
  • 自分で坐骨神経痛かチェックする方法

などを紹介していきますので坐骨神経痛について理解を深めていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛とは

『坐骨神経痛』とは、主にお尻から足にかけて出てくるいろいろな症状が出ている場合、その原因が『坐骨神経』にあると考えられるときに『坐骨神経痛』っていいます。

まずは坐骨神経が

  • どういう位置にあって
  • どんな働きをしているのか?

などから紹介していきます。

 

坐骨神経は腰の神経からの枝分かれしたもの

『坐骨神経』は、背骨から枝分かれして出てくる『神経』の中の

  • 第4、5腰神経(L4~5)
    (腰の5つある神経の内の下から2つで、だいたいベルトを締めたときの位置あたり)
  • 第1,2,3仙骨神経 (S1~3)
    (骨盤のところになりますので、お尻と思ってもらってもいいでしょう)

が合わさって坐骨神経を作り、 お尻から太ももを通り、足先に向かって走っています。坐骨神経2
坐骨神経1

スポンサーリンク

神経は、木の根と同じように考えるとわかりやすくて、

  • 背骨→幹
  • 根っこ→坐骨神経など

として、その根っこは、太い根からところどころで小さな根っこやひげのような細かい根っこなどにたくさん枝分かれしていきます。神経図

『坐骨神経』の担当している範囲は、非常に広い範囲です。(右足だけを例にしています)デルマトーム2
デルマトーム1

この中でも特に『痛み』や『触った感覚が鈍い(感覚障害)』を感じやすいのが起こりやすいのは、デルマトーム3『第5腰神経(L5)』が担当しているエリアになります。

「太ももから足先に向かって電気が走ったようにビリッと痛みが走ることがある」

というようなのは坐骨神経痛の方でよく話を聞く症状の出方です。

また、坐骨神経が障害されると『足の力が入りにくい』ようになったりして、具体的には

  • 足先を上に向けて上げる(足関節 背屈)
  • 足指を上に反らせる(足趾 伸展)

という動作です。 足首背屈

「スリッパを履いてたら意識していないとすぐに脱げてしまうようになった」

ということで気づかれる方が多いです。

まとめますと、『坐骨神経痛』は、

『なにかしらの原因で坐骨神経に障害がおこり、その神経が担当する症状(感覚・痛み・筋力低下)が起こること』

となります。

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛と同様の症状が出るのには

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎症

などの腰に問題が起こって神経を障害している場合や

  •  梨状筋症候群

という、お尻の『梨状筋』と筋肉が『坐骨神経』を障害する場合

  •  はっきりとした原因がわからないもの

特定はできていないが、『坐骨神経』に障害のある症状が出ている場合

などがあります。

ここまでで、坐骨神経痛の病態についてはおわかりいただけたと思いますので後半では、坐骨神経痛の『診断や治療』について解説していきたいと思います。

「お尻から太ももが痛いしびれる『坐骨神経痛』の症状や原因・治療とは」を最後までお読みいただきありがとうございます。


ページ: 1 2

    

2 Responses to “お尻から太ももが痛いしびれる『坐骨神経痛』の症状や原因・治療とは”

  1. 高橋克典 より:

    この病院は何処にあるのでしょうか

    • tomokazu より:

      当サイトをごらんいただきありがとうございます。

      ご質問の意図がわかりかねますが、もし当サイト管理者がしている施設についてのお問い合わせであれば現在診療は行っておりません。
      そして、本記事では一般的な整形外科ではおおよそどこでもされているはずなので、お近くの整形外科を受診されてはいかがでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ