肩こり・首こりの痛みの原因で診断された『変形性頚椎症』とは

肩こり首こり原因アイキャッチ「私の肩こりの原因は首の骨が悪いかららしいので治らないんです」

「病院で頚椎症と診断されたけど、治療は湿布と痛み止めの薬もらっただけ」

というように、肩こりのつもりで病院に行ったら首の骨がおかしくなっていると言われてしまったという方とお話することがよくあります。

『頚椎症』は、 首の骨(頚椎)が変形や傷みが出ている状態を指しますがそれは処方される“湿布と痛み止めの薬”で治るものなのかと気になりますが

「湿布と痛み止めで頚椎症が治るんですか?」
と病院で質問する人はいないでしょう。

「骨が傷んだ(変形した)ものが“湿布と痛み止めの薬”で治るわけがない」
ということは、みなさんもなんとなくお気づきだと思いますが実際にそれで済まされてしまっているので不安に思われることでしょう。

そこで今回は、『頚椎症』ってどんな疾患なのか、なぜ湿布や痛み止めの処方だけで済まされるのか?どうやって対処していけばいいのかなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

頚椎症とは

 『頚椎症』は、
首の骨や関節・靭帯などに変性(異常な状態に変化すること)が起きていて問題が出ている
という診断名です。(『変形性頚椎症』とも言いいます)

まずは、首まわりの骨や関節がどうなっているかを簡単に確認していきましょう。

頚椎について

首の骨(頚椎)は、7つ積み重なってできています。

その骨同士が『椎間関節』で繋がっています。
ひとつずつは大きく動けませんが、7つの骨が連動することで、

  • 天井を見上げたり、
  • 自動車で後ろの安全確認ができたり、
  • 自分のおへそを見たり

『背中の骨(胸椎)』や『腰の骨(腰椎)』に比べて、上下・左右・ねじりの全体において、広い運動範囲を動かすことができるようになっています。

頚椎症・頸椎椎間関節症

頚椎症の症状

長年の首(頚椎)の無理な動きは

  • 『椎間板』
  • 『椎間関節』
  • 『神経組織』

にストレスをかけます。

そのストレスによって起こる『頚椎症(変形性頚椎症)』は、

  • 肩こり・首こりや腕の痛みやだるさなどの症状
  • 首を動かすことで痛みが出たり、動かせる範囲が狭くなってくる
  • 『痛み』『神経症状』(電気が走るような痛み・しびれ・感覚鈍麻)

などが起こります。

スポンサーリンク

頚椎症の診断

病院で『頚椎症』の病名がつけられる対象は、

  • 頚部痛がある
    首・肩こりを含めた痛みがある
  • 頚部運動痛
    首を動かすことで痛みが伴う
  • 可動域制限がある
     首を天井向くような動きや後向きに振りむく動きをしたときに痛みが出たり、動かせる幅が狭くなってくる
    (例:缶ジュースを飲み干すのが辛い、自転車・バイク・自動車で後ろの安全確認の目視がしにくくなった)
  • レントゲンで椎間関節変性が認められる
    ある程度年齢を重ねていれば頸椎や椎間関節は必ず変性するため、誰にでも当てはまりがちなものと思っても言い過ぎではないでしょう

 『頚椎症』は、身体をずっと使い続けていることによる『使い傷み』で起きているものなので、一定の年齢以上であれば全員に起こってくるような疾患だと思っていただければよいです。

その症状のなかで、明らかな『神経症状』

  • 電気が走る痛み
  • 正座の後のようなしびれ
  • 触っている感覚が鈍い
  • 腕や手の力が入りにくい

があった場合は、首から出る神経に問題が起きています。
その状態が起きている原因によって、それに対応した病名がついてきます。

などの別の病名がつきます。

他の首まわりの問題で病院で診断される病名について知りたいと思われた方はこちらをご覧ください

肩こり・首こりの病院で診断される病名(疾患名)まとめ

 

頚椎症患者は

一般的な『頚椎症』患者さんの場合は、

  • 頚部まわりに症状がある(痛み・運動制限など)
  • レントゲンで『頚椎』に変形がみられる
  • 症状の原因が明確になっていない

方が多いのではないでしょうか?

頚椎が傷んでいない人はいないので、この病名を告げられたとしてもそれが重大な問題かどうかと言われればそうでないことのほうが多いです。

また、変形性頚椎症で傷んだ『頚椎』や『椎間関節』を修復する治療法は存在しません。
傷んだ『頚椎』は傷みっぱなし(変形したまま)です。

病院でも、

  • 骨の傷みを直接治せない
  • 症状の原因から治療する方法もない

『頚椎症』による痛みは、頚椎やその周辺に過剰な負担がかかると出るものが主となります。

その負担を軽減させてあげることができれば、痛みを解消することは不可能ではありません

誤解を恐れずにぶっちゃけてしまえば
「ある程度年齢を重ねて首に痛みがあれば、みなさん『頚椎症』患者さんです。」
「治療は対症療法です。特別な治療はありません。首まわりの負担を軽減させるケアをしながら自然治癒力にまかせて治してください」

 

頚椎症の対策

『頚椎症』の病名がついている方は、首肩まわりに痛みがある、中高年以上の方がほとんどです。

そして、対処法は出ている症状を和らげる『対症療法』が基本になります。

そのため、自分できることをしっかり実践していくことのほうが大切で
『頚椎症』の対策は、

  1. 首肩まわりが痛む動作(日常生活・仕事・スポーツなど)を控える
  2. 首肩まわりに負担がかからない生活を心がける
  3. 一般的な“首こり・肩こり”解消のためのケアをする(治療を受ける、自分でセルフケアする)
  4. どうしても痛みが辛い場合は、一時的に『鎮痛薬・湿布』を使う

首肩まわりのセルフケアの方法は、各ページで紹介しています。
自分で『頚椎症』に対してできることはしたいと思われた方は、ご覧いただいて実践してください。

肩首・背中のこりや痛みをほぐすお悩み解消体操!まとめ

ただし、首の動きに対しては痛みが出やすいため、腕や肩・背中など首まわりから状態を良くするように体操を行ってください。

その後、少しずつ症状の軽快を確認しながら首まわりの体操を追加するほうが、安全で確実な方法です。

「肩こり・首こりの痛みの原因で診断された『変形性頚椎症』とは」を最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事がお悩み解消の助けになったかな?と思っていただけましたら
↓のボタンをクリックしていただければ今後の励みになります。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ