歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説

 腓骨筋アイキャッチ特にケガをしたわけでもないのに足首や足の外側が痛い」

歩いたりしたときになぜか足が痛む場合は、足の筋肉の負担による炎症で起こる 『腓骨筋腱炎』 の可能性を考えてみられてもよいかもしれません。

腓骨筋腱炎は、

  • ズルズルと痛みが続きやすく(慢性化)
  • 歩いたり ・走ったり などの基本的な動作で『痛み』が出る

ことから起こると意外にやっかいな疾患です。

病院で腓骨筋腱炎と診断されても休ませるように言われるだけだったり、きちんと処置してもらえないことも多いため、「もしかして私のこの足の痛みは・・」と思われた方は読み進めて自分が腓骨筋腱炎に当てはまるか知っていただいて、もしそうなら自分がどう対処できることを実践していただければと思います。

スポンサーリンク

 

足の腱鞘炎にあたる腓骨筋腱炎とは

『腓骨筋腱炎』とは、腓骨筋という筋肉に炎症が起こっているいわゆる腱鞘炎のことを指します。

まずはその筋肉がどういうものかイメージしていきましょう。

腓骨筋について

腓骨筋(peroneal muscle )は、

  • 短腓骨筋(たんひこつきん)
    (peroneus brevis muscle)
  • 長腓骨筋(ちょうひこつきん)
    (peroneus  longus muscle)

の2つがあります。腓骨筋

この2つは、筋肉のスタートはおおよそ同じで途中までの通っている場所も一緒ですが、最後のほうで、

  • 短腓骨筋
    →第5中足骨基底部
  • 長腓骨筋
    →内側楔状骨、第1中足骨基底部

と、分かれて付く最後に到達する場所が違います。

腓骨筋に関わる病態のいろいろ

腓骨筋に問題が起こっている状態なのは確かですが、その問題の起こり方で疾患名がかわることもあります。

  • 短腓骨筋腱炎
    短腓骨筋腱に炎症が起こっているため、筋肉の付き目あたりが痛くなる腓骨筋付着部2
    腓骨筋付着部1
  • 腓骨筋滑車症候群
    これは、長腓骨筋が急カーブを曲がるところがあります。
    そこを骨のでっぱりが滑車のような役目をしてそのカーブを作っていますが、ここが擦れて炎症を起こしたりすることによる痛みで、腓骨筋腱滑車部あたりに痛みが出ます腓骨筋滑車
    腓骨筋滑車2

みなさんの処置は同じなのでそこまで厳密にする必要はありませんが、頭の片隅に入れておいてください。

腓骨筋のもうひとつの問題として 『腓骨筋腱脱臼』 があって、かがんだりしたときに外くるぶしに腓骨筋の腱が乗りあがってくる(脱臼)ことがあります。

「しゃがんだときに筋がずれるような感覚と痛みが足の外側にある」

などの場合にはその可能性もあることを知っておいていただいても良いと思います。

スポンサーリンク

 

腓骨筋腱炎が起こる原因の基本は負担のかかりすぎ

この2つある腓骨筋腱炎が起こる原因としては、

  • スポーツなどの運動による使い過ぎ
    スポーツで走ることの多い人やジョギングをしている人などでも起こることがあります。
  • 靴障害
    足に合っていない靴を履いている
    特に若い女性などはファッション性を重視した靴(ヒールなど)を履くことで足の外側に負担がかかって起こることが多いです。

が主にあり、基本的に

  • スポーツや運動を一定期間休む(目安は2週間~1か月)
  • 足にあった靴を履く

という対処で解消していくことができます。

ただ、このどれもが何か治療をするだけで良くなるものではなく、今までのご自分の生活習慣(ライフスタイル)を変えることが必要になってきますので 自分の生活習慣をかえることができない
方はうまく治療が進まずにズルズルと長引いてしまうこともよくある少々やっかいな疾患です。

スポンサーリンク

 

腓骨筋腱炎の症状は炎症によるもの

腓骨筋腱炎では、

「歩くときに足の外側が痛い!」

「体重を足の外側にかけると痛みが出る」

などを訴えられるものがほとんどで、中にはその部分が

  • 赤くなったり(発赤)
  • 腫れたり(腫脹)

することがあります。

また、『腓骨筋腱滑車症候群』などでは、滑車部付近が大きく盛り上がって 『タコ(胼胝:べんち)』 が出来ている場合があります。

こうなると、わかりやすいのですが実際には見た目でわからないことの方が多いです。

そこで、1番わかりやすい症状としてみておきたいのが 『押さえた痛み(圧痛:あっつう)』 です。

疑われる筋肉の付き目(もしくは滑車部)のところをグッと押してみて痛かったらおおよそ当たりとしてもよいでしょう。

次に足を動かしたときに痛みがあるかをチェックします。

  • 足の外側を上の方に持ち上げる動き(外返し)外返し
  • 足先を下に向けておいて足先を外側に向ける動き(底屈+外転)底屈外転

などをしたときに痛みが出るか(運動痛 を確認することも大切です。

 

腓骨筋腱炎はレントゲンではわからない

『腓骨筋腱炎』の画像診断は、

  • レントゲン(X線)
  • CT(computed tomography)

など、 骨や関節の状態(形状)を把握するのに適しているものでは、何も変化が読み取れません。

その『炎症』を確実に診るためには 『MRI:magnetic resonance imaging』 が必要です。

ただし、『腓骨筋腱炎』では、臨床症状やレントゲンで問題がないという画像所見を得られた時点で診断されることが多く、『MRI』まで撮ることは一般的ではありません。

治療をすればよくなりますし、しっかり病態を把握しておかないと困る事情も特にないからです。

それでも撮影してもいいんでしょうが、医療費や撮影所間などの患者さん負担が大きくなるだけなのであまり現実的にはあまり選択されません。

「歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説」を最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事がお悩み解消の助けになったかな?と思っていただけましたら
↓のボタンをクリックしていただければ今後の励みになります。

ページ: 1 2

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ