喉の奥に何かがひっかかっている異物感に悩まされる『梅核気』を解消する方法とは | nestra

喉の奥に何かがひっかかっている異物感に悩まされる『梅核気』を解消する方法とは

お気に入り記事登録

「喉の奥に痰がひっかかっているような異物感があるけど唾をのみ込んでもとれない」

このような喉の不快感は、咳をしてみたり水を飲んだりしてみてもなかなかとれないでストレスに感じてしまいます。

私自身がこの症状に昔から悩まされていて、ひどいときには夜もその異物感が気になって寝られないで悩まされたものです。

特にこのような症状が春あたりに起こりやすく、喉の奥に梅の種ほどの大きさの異物がずっと留まるこの症状は東洋医学では
『梅核気(ばいかくき)』
と呼ばれます。

今回は、この梅核気についてなぜこのような状態が起こるのか?
その症状の解消法についてやや個人的な経験によるところもありますが、同じような苦しみを持たれている方が楽になれるようにと紹介していきたいと思います。

 

梅核気(ばいかくき)とは?

梅核気とは喉の奥に違和感が出るもので東洋医学的には『肝鬱気帯(かんうつきたい)』と呼ばれる状態になっているときに出る症状と言われています。

東洋医学は普段みなさんあまりなじみがないと思いますので、詳しく紹介することは控えさせていただき簡単に説明すると
『春になって自然の生き物や植物などと同じように人間の身体の中の気も盛んに動き始めようとしているのに、うまく身体を巡れずに1ヶ所に滞ってしまっているもの』
とご理解いただければいいかと思います。

もちろん東洋医学的に治療するなら、経絡や経穴(いわゆるツボ)を鍼灸で刺激したり、漢方薬を飲んだりすることになります。

ただし、それではまず治療院探しからはじめないといけないので大変です。
そんなにのんびりしていられない症状なので今回は自分で今すぐできる解消方法について扱っていきます。

梅核気が春先に起こってくる原因を推測しそこから対策する

この症状は春先に多くみられると考えます。春先に起こりやすい原因を個人的に考察してみますと
『気温と湿度の関係』
が大きいと考えました。

原因はのどの奥の湿度の低下が大きいと考えます。

  • 気温→冬に低く春から一気に上昇して来る
  • 湿度→冬に低く春から緩やかにあがり梅雨から一気に高くなる

この関係から春先は冬に比べて湿度は高いのですがそれ以上に温度が上昇して汗をかいたりして体内の水分が不足しやすくなるのではないかと考えます。

そして春には自覚として喉が渇きにくく水分の摂取が少なくなりがちでそのせいで出るものと考えます。

そのため、第1の対策としては『水分はこまめに摂取する』ことが挙げられます。

 

症状をしっかり抑える即効性があるのは運動とのど飴

水分の摂取は大事ですが症状が出ているときに飲んだらすぐに症状が治まるというわけではありません。

そこで、水分をしっかりとることを基本対策として今ある症状をなんとか抑えるようにするところから始めましょう。

そこでまず有効なのが運動です。
ウォーキングやジョギングなどをするとしているときはもちろん症状が治まります。

そしてそれに合わせて運動したときは水分をとる気になりやすいので、しっかり水分を摂取しておけば運動後も結構調子がよい状態が続くでしょう。

運動習慣をお持ちでない方が多いのではないかと推測しますので、『強度は低くていいので身体を動かす(運動)ようにする』ことが第2の対策です。

そして、1番即効性が高いのが『のど飴を舐めること』

喉の異物感のあるところ付近で飴を転がすようにしていると、メントールなどの成分でスーッとするのと飴の有効成分のおかげか異物感が減ります。

一緒に唾液の分泌量も増えるからという要因もあるのではないかと推測されます。

個人的にはのど飴ならなんでもいいというわけではなく、それなりの種類じゃないと効かないと感じています。
ここでは、私が愛用している抜群に効くのど飴を紹介しておきます。

喉を詰めないように開いていくのが解消のポイント

次に即効性はあまりですが、きちんと実践すれば効果的なエクササイズを紹介します。

梅核気の症状が出て、つばを飲み込もうと何回もすると顎を引いて喉を締めるような動きになりその状態でいがちになります。

ここで大切なのがこの体勢でいると余計異物感が強まってくると知っておいてください。

そこで、次のエクササイズを実践してください。やればやるほど少し時間がしたころに
「あれ?今は症状が治まっているなぁ・・?」
とジワジワその効果を実感していただけるものです。

  1. 座った状態から身体を少し前に傾けてそこから背伸びをするイメージを持ちます。
  2. 鎖骨を斜め上に押し出して目線は天井に向けて喉元を開いていきます。
  3. できそうなら顎をしっかり天井方向につき出して喉の前の筋肉をストレッチしていきます。

これを3~5回程度ゆっくり繰り返して胸から首の前に筋肉をストレッチしていきましょう。

たぶんここが詰まっている方が多いので、やってみるとかなり筋肉が突っ張る感じを自覚されると思います。

しっかり伸ばしてほぐしていきましょう!
下の動画のように身体全体を反らせながら首の前の筋肉をストレッチするのもよいでしょう。

 

おわりに

喉の奥に小さなものがひっかかっているような異物感があるというのは経験されている方ならたまらない苦痛だとおわかりいただけると思います。

今回紹介したものは個人的な経験や推測が含まれていますので、効果が絶対出るとは言い切れませんが自分では実践することでかなり手ごたえを感じ快適な睡眠をとれるようになりました。

どれも行っても悪影響が出るものはありませんし、ただじっと我慢するだけも辛いはずなのでだまされたと思ってまずは実践してみてくださればと考えます。

当サイトの記事をお読みいただきありがとうございます。
お身体に関するお悩み解消にお役に立てる情報が提供できていますと幸いです。

「自分の身体について直接相談したい」
「実際に自分にあったエクササイズを指導してほしい」
と思われた方は、こちらで直接診せていただくこともできます。

momentum 姿勢バランス研究所

お問合せお待ちしております
    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ