歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説

お気に入り記事登録

 

腓骨筋腱炎の治療の基本は患部をいかに休ませるか

『腓骨筋腱炎』の治療では、手術をしない『保存療法』がされますので順番にそれらを紹介していきます。

安静

『腓骨筋腱炎』は、

  • スポーツなどでの『使い過ぎ(オーバーユース)』による負担
  • 合わない靴を履くことでバランスをとるために、靴内での筋肉の緊張が負担になる

ことなどが原因のため治療の原則は、必要以上に足を使わない『患部安静』が大切です。

スポーツは休止が原則ですが、

  • 『初期(軽症)』(スポーツに支障をきたさない)
    足底板やテーピングなど他の治療を組み合わせながら、スポーツ活動の時間を減らすこともうまくケアしていける場合もありますが、悪化する危険が伴いますのであまりお勧めしません。
  • 『重症』(スポーツや日常生活に支障をきたす) 
    スポーツは全面休止する必要があります。
    そのまま続けていてはいつまで経っても治りません。

スポーツを休止する場合の目安期間は、おおよそ1か月とみておくとよいでしょう!

あとは症状の程度に応じて 2週間~6週間程度 の幅をみて症状の回復具合により経過を観察していくことになります。

スポンサーリンク

 

鎮痛処置

『湿布』や『消炎鎮痛薬』の処方を受け、痛みと炎症をおさえます。腓骨筋湿布

ただし、これでおさまっている『痛み』は治っているからではありません。

あくまでも治療期間中『痛み』が続くのは辛いでしょうから一時的に『痛み』をとっているだけで治っていることとは別だと思っておきましょう!

注射

  • 痛みを抑えるために『局所麻酔』
  • 炎症を抑える『ステロイド注射』

をすることもあってステロイド注射 は、 よく効きますが筋肉や腱を弱くしてしまうため、何回も行うことは避けられます。

理学療法

病院などで行われるリハビリです。

  • 電気治療
    痛みを和らげる目的で、痛みのあるところを中心に低周波などを流します。
  • 温熱治療
    患部を温めることで血流を促進や筋肉の緊張を緩和することが目的になります。
    この場合であれば、直接痛いところではなく、脛の外側あたりを温めることがよいでしょう!
  • マッサージ
    筋肉の緊張をほぐすことで腓骨筋の緊張を和らげたり、動きやすくすることが目的です
  • ストレッチ
    腓骨筋の緊張を緩めることを目的とします。
    ただし、症状の強いときすると症状が悪化することがありますので慎重に行う必要があります。

    スポンサーリンク

 

腓骨筋腱炎に有効なインソール(足底板)療法

 『腓骨筋腱炎』の場合、 外側に体重がかかりにくいようにシューズに『中敷き(インソール、足底板)』を挿れて『腓骨筋』に負担がかかりにくいようにします。

負担を減らすことが1番の治療になりますので、『足底板』は有効な治療法となりますので1例を紹介したいと思います。

今回使用するのは、

  • 『ウェッジヒールパッド ソルボ社製』
  • 『ヒールパッド ソルボ社製』

です。アキレス腱足底板2

ネットやスポーツ用品店で類似したものは購入可能です。

まずそれぞれのパッドの役割ですが、

  • ヒールパッド
    踵から足への衝撃吸収作用があり、踵の高さが上がることで『腓骨筋』の急カーブを和らげる働きが期待できます。 
  • ウェッジヒールパッド
    踵の外側に高さを作ることで体重が外側に乗りすぎないようにする働きがあります。

今回の処方で、単体で試すのに優先順位をつけるとすれば

  1. ウェッジヒールパッド
  2. ヒールパッド

の順番で両方とも靴の踵に挿入するだけですがずれないようにやや強力な両面テープを使う必要があります。

今回は2つとも使用する例を紹介します。

『腓骨筋腱炎』になっているのは右足という前提にしておきます。

  1. 2つのパッドを両面テープでくっつけます。
  2. 踵の裏側にも両面テープをつけておきましょう!腓骨筋足底板1
    靴の中でこのように足の下に来るイメージです。
    腓骨筋足底板2
  3. 靴のかかと部分に貼り付けます。

思ったより簡単で結構これで痛みが緩和されますので挿れておくだけですし、違和感が強かったりしなければ続けて使用しましょう!

スポンサーリンク

 

腓骨筋腱炎のテーピング

少しでも足にかかる負担を減らすことが症状を早く治めるためには必要です。

テーピングは必ずしなければいけないわけではありませんが、

「少しでも早く治して、スポーツ復帰したい!」

と思われているなら、面倒だとか言っている場合ではありません。

今回、使用するテープは、 一般的に『キネシオテープ』と呼ばれる 肌色で伸縮性のあるテープです。
薬局でも売っていますし、ネットでも購入可能です。

こちらでは、 『キネシオロジーテープ 50mm ニトリート社製』  を使用します。

  1. テープを2本用意します。
    角は丸くカットしておきましょう! 
    ・1本目→痛みのあるところ~腓骨頭(膝下の外側にある骨のでっぱり)まで腓骨筋テーピング3
    ・2本目→踵の内側~外くるぶしまで腓骨筋テーピング1
    腓骨筋テーピング2
  2. 1本目のテープから貼る
    足先を下・内側に向けた状態にします。
    『痛みのあるところ(第5中足骨基底部)』
    から腓骨筋テーピング5
    外くるぶしの後ろを通って
    『腓骨頭(膝下の外側にある骨のでっぱり)』
    まで貼っていきます。 腓骨筋テーピング6
    腓骨筋テーピング7
    このとき、テープはピンピンに張って貼りません。
    めくったまま状態で貼っていきましょう!
  3. 2本目のテープを貼る
    踵の内側にテープの端を貼り付けます。腓骨筋テーピング8
    そこから足の外側を上に挙げるようにします。
    テープをそこそこ引っ張りながら外くるぶしに向かって貼ります。腓骨筋テーピング9
    テープを引っ張るのは真ん中のところだけで端の数cmは引っ張らないように注意しましょう!
  4. 完成です。腓骨筋テーピング10
 

 

おわりに

『腓骨筋腱炎』は、

  • スポーツなどでの『使い過ぎ(オーバーユース)』による負担
  • 合わない靴を履くことでバランスをとるために、靴内での筋肉の緊張が負担になる

ことなどが原因でした。

まずは、

  • 運動を休止する
  • 靴を変える

など負担を減らす対応がきっちりできるかどうかが基本であり、1番の治療になります。そこから、他の治療を組み合わせることで、治るまでの期間を短縮することができます。

安易に考えて、何もせず長期間

「痛い、痛い、いつになったら治るんでしょうか?」

と言う人が結構多く慢性化してつらい状態が続いてしまうので、あまりなめてかからずちゃんと病態と向き合っていかれることをお勧めします。

「歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説」を最後までお読みいただきありがとうございます。


ページ: 1 2

    

2 Responses to “歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説”

  1. いけちゃん より:

    謎の痛みの正体が分かって良かったです

    • 管理人 より:

      当サイトをご覧いただきありがとうございます

      何が起きているかわからない状態が1番つらいと思いますが、そこからまずは抜け出していただけただけでも良かったです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ