プルンプルン揺れる二の腕になった原因を知れば正しく引き締められる

%e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%91「最近、二の腕に脂肪がついてきて太くなってきたから痩せたい!」

「二の腕がたるんできている気がしてよく見てみたら締まりがなくなっている気がする・・」

など、女性にとっては腕の後ろにあたる『二の腕』に非常に敏感になってしまいます。

腕の筋力をあまり使わない生活で 『運動不足による筋肉が落ちていること』 が二の腕のたるみの原因にはなりますが、かと言って腕をよく使って別に欲しくもない腕の前の『力こぶ』のところばっかりたくましくなって肝心の『二の腕』はさほど引き締まった気がしません。

また、脂肪を落とそうとダイエットをがんばってみても、二の腕だけは痩せないでそのまま・・なんてことがあります。

スポンサーリンク

実際に腕を振ってみると、柔らかそうに
「プルンプルン!」
と揺れるこの振袖をなんとかしたい!と思われる方、

  • 食事制限や減量などのダイエット
  • 腕の筋肉をつける筋トレ

だけをがむしゃらに行っても『二の腕痩せ』にはあまり効果的ではありません。

腕の筋肉に対してアプローチをするのは大切ですが、ただ、筋トレやストレッチをしているだけでは二の腕痩せにはなりません!

そこで、まずは二の腕がそもそも太くなってしまった原因をきちんと知っていただきたいと思います。

原因がわかれば、それに対する正しい解決方法もわかってきます。正しい解消方法をきちんと実践することで確実な効果を出せるようにしていきましょう!

まずは、二の腕が太くなる2大原因について紹介していきます。 

 

二の腕をしっかり緊張させて太りにくくするには?

『二の腕』が痩せない原因には、大きく2つありまして

  • 『二の腕』の筋肉が落ちて締まりがなくなっていること
  • 二の腕を普段からあまり使わない身体の使い方になっていること

があります。

締まりがない状態で普段の生活をしていると、ちょっとくらい筋トレをしたってそれは 『焼け石に水』 で、やってもやっても筋肉が落ちていくスピードにはかないません。

そこで、まず普段から『二の腕』の筋肉が使えるモードにスイッチを入れておく必要があります。

まず、『二の腕』の基本的な特徴から確認していきます。

スポンサーリンク

  1. 自然に立った状態から、肘をしっかり伸ばしてみてその時の『二の腕』の硬さを確認してください。
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%91
    引き締まり具合を感じるだけでもいいですし、実際に触ってみても構いません。
  2. 次に、肘を曲げてみたときの『二の腕』の硬さを確認してみましょう!
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%92
  3. そこから今度は、腕を後ろに引いたときの『二の腕』の硬さを確認します。
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%93
  4. 最後に、腕を前に振り出した時の『二の腕』の硬さを確認してください。
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%94

『二の腕』の筋肉が硬くなったり、柔らかくなったりすることを実感できましたか?

この『二の腕』を作っている筋肉は『上腕三頭筋:じょうわんさんとうきん』と言って

%e4%b8%8a%e8%85%95%e4%b8%89%e9%a0%ad%e7%ad%8b

  • 肘を伸ばす状態
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%91
  • 腕を後ろに引く状態
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%93

にしたときに筋肉がしっかり使われて逆に

  • 肘を曲げた状態
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%92
  • 腕を前に出した状態
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%94

の時にはさほど使われません。

もうひとつ付け足すと、肘を後ろにもっていくとき

  • 腕を身体に引っ付ける
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%95
  • 腕を身体から少し離す
    %e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e7%89%b9%e5%be%b4%ef%bc%96

ので比べてみると身体に腕をひっつけているほうがしっかり引き締まっているのががわかります。

このことから、『二の腕』を引き締めるには、

  • 肘を伸ばすか
  • 腕を後ろに引くか
  • 腕を身体に近づけて置く

ような状態にもっていく必要があることがわかります。 

そして、二の腕のたるみで悩まれている方は、これと逆の状態の

  • 肘を曲げて
  • 腕を前に出し
  • 肘が身体から離れている

姿勢や生活習慣を普段からとっている可能性が高いのです。パソコン・スマホや家事などの日常生活の動きを振り返ってみましょう。

%e5%a4%96%e5%81%b4%e4%b8%8a%e9%a1%86%e7%82%8e_%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3
%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b

これら二の腕の筋肉がゆるむ状態になってしまっているな・・と思い当たることでしょう。

この状態が無意識で常におこっているのがもっと問題で、それは『猫背』と『内巻き肩』などの姿勢が悪い状態の方が当てはまります。 

スポンサーリンク

 

二の腕が痩せない1番の原因は猫背・内巻き肩

『二の腕』と同じくらいに女性が気になっている上半身の姿勢の

  • 猫背
    %e7%8c%ab%e8%83%8c
  • 内巻き肩
    %e5%86%85%e5%b7%bb%e3%81%8d%e8%82%a9

が密接に関係していて、この猫背・内巻き肩ならほぼ『二の腕』は締まりがなくなりますし、逆にこの姿勢になっている方はほっそりしたままをキープできています。

では、なぜここまで深い関係があるのか実感していきましょう!

『猫背』と『背筋をピンと伸ばした』姿勢の両方をしてみてください。

%e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%96

このときの二の腕の緊張を感じるか、実際に触ってみていただいても構いません。

背筋をピンと伸ばした時のほうが緊張が高まって締まっていますね。

その理由は、両方の姿勢を横から見比べてみるとわかります。

%e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%95

『猫背』の方が

  • 若干腕が前にいきがちで
  • 肘がゆるく曲がり加減で
  • 肘が身体から離れて

いく、やってはいけない3条件に完全になってしまっています。

同じように『内巻き肩』をみてみると

%e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%98
%e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e6%af%94%e8%bc%83%ef%bc%97

  • 肘が外に開いて
  • 肘が軽く曲がって
  • 腕がまえに出やすい

と、猫背と同じ『二の腕』がゆるむ3条件を満たしてしまっています。

姿勢を正してみると

  • 腕が身体にピタッと付くように近づいて
  • 猫背の時より腕が後ろにさがって
  • 肘がまっすぐ伸びてくる

『二の腕』の筋肉が引き締まる3条件が自然に満たされる状態になっていきます。

だからこそ

  • 二の腕だけ筋トレしたり、マッサージしたり、ダイエットをすても部分痩せはしてくれなくて
  • 姿勢改善をすることで、二の腕がしっかり引き締まっていくからこそ二の腕痩せが達成できる

ことになるのです。

この腕や肘の微妙なポジションの違いで起こる、ちょっとした筋肉の緊張も長い時間かけてずっと続けば 『ちりも積もれば山となる』 効果になっていきます。

これを味方につけないで効果的な『二の腕痩せ』は成功しません! 

 

おわりに

『二の腕痩せ』は難しいとか、『二の腕』を引き締める方法などをあれこれ調べられてからここに来られた方も多いかもしれません。

女性にとって、『二の腕』はよく見える場所でファション的にある程度引き締まった細い『二の腕』になりたくてエクササイズをされたりもしているかもしれません。

そこで、本当に『二の腕痩せ』を成功させるためには 『内巻き肩や猫背などの不良姿勢』 になられているご自身が普段から緊張をなくしてしまっているせいで起こっているという根本的な原因にしっかり気づいていただく必要があります。

今回は、実際に二の腕の筋肉がしっかり引き締まったり、ユルユルになったりがいろいろな姿勢や動きで起きることを実感していただきました。

たったあれだけの位置の違いで緊張が大きく変わるのですから、いい方向に緊張させてやれればその引き締め効果は絶大です。

そこから結論として、姿勢を正しくするアプローチとあわせて、『二の腕』を引き締めるエクササイズ(体操)を組み合わせることが 『難しいと言われている二の腕痩せ』 を真に実現できるようになる解決方法だと考え、その考えのもとみなさんが目標を達成していただければと思います。 

「プルンプルン揺れる二の腕になった原因を知れば正しく引き締められる」を最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事がお悩み解消の助けになったかな?と思っていただけましたら
↓のボタンをクリックしていただければ今後の励みになります。

    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ