指の関節が腫れて痛くなったとき、簡単なクイズに答えて知るべきポイントを早わかりしよう!

お気に入り記事登録

「ぶつけたり捻ったりしていないのに指の関節が痛みだして指の曲げ伸ばしがつらい」

「指の関節が太くなってきている気がして、モノをつかむとき力を入れると痛む」

など、指の関節が痛み始めてお困りの方は中高年以降の方に多く見られます。

この指の痛みとずっと付き合わないといけないのか?自分で何かできることはないのか?など気になることも多いことでしょう。

そんな不安は指の関節に起こっていることをきちんと知るだけでだいぶ解消されていくことです。

実際『指の関節の痛み』に関する記事を読まれたかもしれませんが1回読んだだけでは意外と頭の中に正しい記憶として残っていないかもしれません。
そこで、『指の関節の痛み』に関するポイントを二択形式のクイズとして紹介していきますので今から挑戦していただけたらと思っています。

たった10問ですが、これに答えるだけで得られた知識がきっと深まっていくことでしょう!

チャレンジの前に、基礎知識を復習しておきたいと思われた方はこちらをまずお読みくださいませ。
指の関節が腫れて曲げると痛い!中高年に多いヘバーデン結節とは!

全問正解を目指してさっそくはじめていきましょう!!
Q1指が痛むのは『関節リウマチ』によるものだからはやく病院にいかないと!
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

指の関節が痛んで変形する疾患で特に気を付けておきたいのが『関節リウマチ』です。
ただ、指が変形して痛むという方のほとんどはリウマチに該当しないためいきなり病院!と焦ることはありません。
へバーデン結節などなのかリウマチなのか?それぞれに症状が違うので自分の症状をじっくり観察するところからはじめましょう。

Q2指の関節が変形するときは必ず痛みがセットでついてくる
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

指が変形するときには、痛みが伴いやすいのは確かですが必ずしもとは言えません。
特に男性の変形の場合は、変形が起こっていても痛みを自覚していない方が多いです。

Q3関節の変形は一度起こったら元通りにはならない
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

起こった変形は元には戻りません。
そこからの処置は変形を戻す目的ではなく、進行予防や痛みの改善になります。

Q4へバーデン結節とブシャール結節は起こっている病態が違う
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

この2つは起こっている関節の場所が違うだけで病態は同じです。
・へバーデン結節→第1関節
・ブシャール結節→第2関節
となっています。

Q5指の痛みの治療の第一は安静である
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

基本的には使うとストレスがかかって痛みますし、炎症が起こっていれば悪化する可能性がありますのでできるだけその指を使わないように工夫することが大切です。

Q6指の酷使が原因で起こっている
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

科学的に酷使が原因だとは言われていません。
ホルモンバランスの変化や骨や関節の強度の変化など複合的な要因により起こるものと考えていただければいいでしょう。

Q7男性より女性のほうが起こりやすい
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

女性のほうが病院を訪れる方は多いと言われています。
これは、実際の数よりのはっきりと差があってその要因には、男性は病院に行きたがらないという性差の問題も差がある要因として考えられます。

Q8テーピングは痛みを和らげやすいが変形を治すわけではない
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

指の変形性関節症では、できる処置がかなり限られます。
その中でテーピングは動きを制限することで痛みを楽にすることに効果があると言われています。

Q9リウマチと変形性関節症の違いは左右対称に出るか出ないかである
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

リウマチとのわかりやすい差は左右対称に出るというのがあります。
ただし、それだけではなくて、リウマチなら他の関節にも症状が出ていることもあります。

Q10変形していくと指は反っていきがちだ
  • ◯ 正しい
  • × 間違い

変形すると横に曲がったり、曲げる方向に曲がっていくのが一般的で反っていくほうにはなりにくいでしょう。

あなたの理解度は点です。

スポンサーリンク

全問正解とは言わなくとも80点以上取れていなければ、まだまだこの疾患についての理解が深まっているとは言えません。

不正解だったところ、答えに迷ったところは解説をしっかり読んでいただくか疾患の記事を読み直して知識をしっかり定着させていかれることをおすすめします。

「指の関節が腫れて痛くなったとき、簡単なクイズに答えて知るべきポイントを早わかりしよう!」を最後までお読みいただきありがとうございます。


    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ