膝の痛みを早く治したい!と思ったときどんな治療がいい?お勧めをランキング形式で紹介!

お気に入り記事登録

左右の膝は、腰や股関節に比べると体重を支えているにも関わらず細くて壊れやすいです。

そのため酷使していたり、体重のかかり方が悪いと傷めてしまいやすい関節です。

そのため、いったん膝を傷めてしまうと日常生活でのあらゆる動作が不便になって思うとおりに動けない精神的なつらさものしかかってきます。

しかも日常生活で使わないで休めることも難しいため痛みが長引きやすいのが更につらいところです。

膝に何かしらの負担がかかっているんだろうけど、

  • これを治すためにはどうしたらいいんだろう?
  • 病院や治療院などに行ったほうがいいのか?行くとしたらどこがいいのか?

選択肢があれこれあって自分で選ぶのに悩むものです。

少しでも早く痛みを改善するため、効率的に今回の膝の痛みに対して特に早く結果を出せそうなものを治療家の私が患者さんに実際お勧めする治療法の選択をランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

 

1.セルフケア

まずは、膝に負担がかかる日常生活の動きをできる限り減らすことが1番です。

これができなければいくら治療をしてもなかなか結果は伴いません。

そして、膝にかかる負担を少しでも減らし改善していくために

  • 膝まわりの筋肉バランスを改善していく(コンディショニング、筋トレ)
  • サポーターなどを着用して負担を減らす

ことでできることをしていきましょう。

筋肉へのアプローチは、筋トレの前に筋肉バランスや負担を減らす体の使い方を習得することから始めていきます。

膝のサポーターはスポーツ用品店なら店員さんに相談し、ネットなら説明をきちんと読んで自分に合いそうなものを選びましょう。

思ったりごっついものをつけない限りサポート効果はあまり期待できません。

ただし、サポート効果はなくても着けていることで膝をいたわってあげないといけないんだ!という意識づけの効果はどんなサポーターでも期待できます。

膝にかかる負担を減らすための身体の筋肉バランスや身体の使い方を練習するエクササイズなどはこちらを参照ください。

『変形性膝関節症』の膝に負担をかけずに痛みを解消する体操とは!!

 

2.病院(整形外科)

病院に行っても治してもらえる、というよりは自分で治すサポートをしてもらうと考えておくようにしましょう!

膝の痛みは特に自分の意識を変えていけるかが治療に大切ですので他人任せにしすぎないようにしていきましょう。

病院へは必ず行かないといけないわけではありませんが

  • 膝の関節の状態を把握して治療を検討していきたい
  • 膝に水が溜まっていてパンパンで痛くてたまらない
  • 膝関節にヒアルロン酸を入れてもらいたい

などであれば、病院でそれに応じた処置を受けることができるでしょう。

スポンサーリンク

 

3.整体・カイロプラクティック

膝の痛みが出ている方の多くは、たくさん歩きすぎたり走ったりして物理的に負担が重なっているケースよりも、普段あまり歩かない方や歩いても一般の方レベルの運動量なのに傷めている方が意外と多いです。

こういうケースでは、膝まわりの筋肉の状態や、膝にかかる負担が増えるようなバランスに身体がなっていることは大きな問題です。

そこで、骨盤矯正・整体などで膝に余計な負担をかけてしまうバランスを整えていくアプローチは有用です。

セルフケアをしながらプロの手も借りることで相乗効果を狙うことができるのではないかと考えられます。

 

4.鍼灸院

鍼灸治療は、全身のバランスを整えることが得意な治療方法です。

患部に直接鍼や灸をすることで筋肉の緊張を緩和させることもできますが、膝関節まわりの直接の施術だけでは一時的な痛みの緩和しか効果が得られにくいので即効性にはあまり期待ができないかもしれません。

鍼灸をされる場合は、セルフケアなどを併用しながらじっくり根本治療をするというスタンスがよいかと考えます。

スポンサーリンク

 

5.整骨院・マッサージ屋

電気やマッサージなどの典型的な整骨院の治療で患部だけを電気やマッサージで筋肉を緩めても、体重の負担がかかればすぐ負担は蓄積されます。

負担の蓄積の問題を根本からアプローチできないとせっかくの施術が焼け石に水になってしまうことが懸念されます。

そのため単体ではあまりおすすめしにくい選択肢となります。

 

6.インソールを扱っている治療院(整骨院・整体院)

膝にかかる体重のバランスをかえるために靴の『中敷き(インソール)』を入れる治療もあります。

これは自分ではさすがに難しいかもしれませんので通っている治療院がインソールの取り扱いがある場合であれば治療院などの専門家から購入するのもよいでしょう。

もしくは、靴の専門店などの専門家を頼られるのもよいかもしれません。

 

まとめ

膝の痛みは、多くは身体のバランスが悪くなって負担が集中しやすくなっている機能的な問題が多いです。

そのため、病院で診断を受けたり注射をしてもらうことは大切ですが、その負担を軽減してくれる治療というものはしてもらえることは期待できません。

それは、自分自身が作っているバランスであるため自分で改善していくのが1番ですし、専門家の手を借りるにしても人任せにしてしまうと効果が得られにくいでしょう。

きちんと改善していくためには、膝にかかる負担をどのように減らしながら乱れた身体のバランスを改善していくかという観点から治療方法を選択していくことをお勧めします。

「膝の痛みを早く治したい!と思ったときどんな治療がいい?お勧めをランキング形式で紹介!」を最後までお読みいただきありがとうございます。


    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ