バネ指で指が曲げにくくなったときの治療選択をランキング形式でわかりやすく紹介!

お気に入り記事登録

いつも通りに過ごしている中で

「あれ、指が曲げ伸ばししにくいな・・」

と感じていつの間にか『バネ指』になってしまう方がいらっしゃいます。

バネ指になった方のほとんどは、そのまま特に対策をすることなく指の動かし辛さとだましだまし付き合っていかれます。

それでも運よく改善していけばいいですが、普段から指を使うことはなかなか減らすことができませんので慢性的な痛みに悩んだり、悪化していかれる方が多いです。

悪化し続ければ手術することにもなる可能性がありますが、症状が軽いうちにきちんと治療をしていけば完全に治すこともできます。

バネ指はいわゆる使い痛みで腱鞘炎を起こしていますが、

  • 効果的によくするために対処するにはどうしたらいいんだろう?
  • 病院や治療院などに行ったほうがいいのか?行くとしたらどこがいいのか?

選択肢がありますが最善の選択をしたいものです。

どれを選んでもそれぞれに効果はありますが、全部行くような時間はありませんので効率的に今回のバネ指による指の痛みを早く改善できそうなものを治療家の私がランキング形式で紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

1.セルフケア

バネ指の1番の問題は、指の筋肉の使い過ぎによる負担が続くことです。

アプローチとしては

  • 指の筋肉の緊張を和らげる
  • 筋肉にかかる負担を軽減する身体の使い方を身に着ける

ことを少しでも取り入れていくことが改善への近道になります。

日常生活での負担を減らすためのポイントや筋肉の緊張バランスを改善するためのエクササイズはこちらを参照ください。

手の腱鞘炎は手だけストレッチではダメ!予防改善する体操とは

 

2.病院(整形外科)

バネ指に対して病院でしてもらえることとしては

  • 痛み止めや湿布薬の処方(痛みに対する対症療法)
  • 指を曲げないようにする装具(局所安静を作る装具療法)
  • 炎症や痛みを抑えるための注射
  • 手術でひっかかる部分を切る

などがあります。

装具を作ってもらったり、最初に痛みや炎症を抑えるために注射をしてもらうというのは有効な手段だと考えます。

ここで、注意しておいていただきたいのは

  • 装具をつけてずっと生活するだけ
  • 注射で楽になったからその後何もしない

というのは、完全に良くならない状態をズルズル続けてしまう可能性があり、下手するとその安心感が悪化へとつなげてしまうこともあります。

あくまでも、その処置にセルフケアをきちんと組み合わせることが大切であると考えておきましょう。

 

3.鍼灸院

鍼灸治療は、全身のバランスを整えることが得意な治療方法ですが、患部に直接鍼や灸をすることで筋肉の緊張を緩和させることもできます。

セルフケアなどでうまく緊張をケアしきれないときは、施術してもらい緊張をゆるめてもらうことは有効な手段になります。

鍼灸をされる場合は、セルフケアなどを併用しながら根本治療をするというスタンスにしないと、費用と時間がかかってしまうことやかかる負担のほうが強くてよくならない可能性があります。

 

4.整骨院・マッサージ屋

電気やマッサージなどの典型的な整骨院の治療で患部だけを電気やマッサージで筋肉を緩めても、体重の負担がかかればすぐ負担は蓄積されます。

負担の蓄積の問題を根本からアプローチできないとせっかくの施術が焼け石に水になってしまうことが懸念されます。

他の対策と併用することで効果を発揮するものと考えていただきたいですが、比較的安価で受けられるところが多いので日々のケアとして利用することはお勧めできます。

 

5.整体・カイロプラクティック

腕や手の緊張が常に高くなる身体のバランスをとっている可能性があり、それに対してセルフケアでアプローチすることは可能ですが、専門家の手をかりるのもありでしょう。

ただし、バネ指に対して特別に配慮して治療をしてくれるというようなものではないとご理解の上受けていかれることをおすすめします。

 

まとめ

バネ指による指の使いにくさや痛みは、今までの使いすぎによる負担などから起こってきます。

根本的に改善するには仕事や趣味を含めた生活習慣ときちんと向き合っていくことが大切ですが、ただ指を使うのを我慢するだけではなかなか効果的な改善は見込めません。

そこで、各治療の良いところをうまく利用して使うことを完全にはやめられない指の筋肉をしっかりケアしていくことが大切です。

きちんとケアをすれば十分に改善していけるものですから、慢性化していくのをただ我慢してみているだけではなく積極的にご自身の身体と向き合っていきましょう!

「バネ指で指が曲げにくくなったときの治療選択をランキング形式でわかりやすく紹介!」を最後までお読みいただきありがとうございます。


    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ