坐骨神経痛の痛みが辛いときどんな治療を選んだらいいのかをランキング形式で紹介!

お気に入り記事登録

「坐骨神経痛が辛い!!」
とおっしゃられる方の多くは、腰からお尻・太ももあたりにかけての痛みがある方が多くいらっしゃいます。

坐骨神経痛による痛みは病院でははっきりと病態をしきれていないことが多く、きちんとした治療がされないことが多いものです。

治療としては、

  • 今ある症状をとにかく楽にするため、痛んでいるところまわりに何かしら施す
  • 負担がかかってしまう筋肉バランスなどを改善する

などを目的におこなわれているものが多いです。

それをまずは頭にイメージしたうえで、世間でいろいろある治療の選択肢の中からおすすめのものをランキング形式でわかりやすく紹介してみたいと思います。 

スポンサーリンク

 

1.セルフケア

まずは症状が出たり悪化したりする日常生活動作の見直しをしましょう!

意外に痛い方を上に向けて横向きに寝ることが負担になることもあったりします。原則は違和感・痛みがあるものはすべて控えることです。

後は、絶対に必要というわけではありませんが、『コルセット』を着用することもケアになる場合があります。

  • 仕事や家事などで明らかに腰に負担がかかったり症状が出ることが避けられない
  • 少しでも身体にやさしく早くよくするためにできることはしたい

と思われる場合には、着けることで腰の負担が軽減させることが期待できます。

また、できれば腰痛体操は実践されることをお勧めします。

腰まわりを根本からしっかりケアするにはご自分で筋肉バランスを整えたり、筋肉をほぐしたり鍛えたりできるのが1番です。

少しでもいいのでやってみたいな、と思われた方はこちらをお読みください。 

腰痛解消にストレッチは危険!?肩こりも一緒に解消する腰痛体操とは

 

2.整体・カイロプラクティック

坐骨神経痛には、背骨や骨盤まわりを中心にバランスが崩れていることが原因として強くあることが多いです。

そこで、骨盤矯正などしてもらうことで負担が減って症状が和らぐことにつながることが期待できます。

スポンサーリンク

 

3.鍼灸院

鍼灸治療は、全身のバランスを整えることが得意な治療方法ですが、直接坐骨神経の周辺まで鍼を入れて奥から筋肉緩めることも可能なため、かなり有効な治療方法だと考えられます。

これにおうちでのセルフケアや腰痛体操を組み合わせていくことで根本治療からすることができるでしょう。 

 

4.整骨院・マッサージ屋

ここでは、いわゆる電気やマッサージなどの典型的なものを指します。

患部を電気やマッサージで筋肉を緩めて負担を軽減することができますが、奥にある坐骨神経まわりを直接ゆるめることはなかなかできません。

表面からしっかり緩めていく必要があるためちょこちょこ揉んでもらうみたいなところでは効果はあまり期待できないでしょう。 

 

5.病院(整形外科)

病院に行っても基本的に本当に悪いところは見つけてもらえませんし、してもらえるのは薬や湿布・注射などの対症療法です。

  • 本当に坐骨神経痛かきちんと診断をまだ受けていない
  • 痛み止め薬の処方や注射をしてもらいたい

という目的がない方であれば、病院が治療を不得意とする機能的疾患のため受診をあまりおすすめできません。

スポンサーリンク

 

まとめ

坐骨神経痛とおっしゃる方は多いですが、その症状は様々です。

自己診断していたり、治療院で言われたということで、病院での診断を受けておらず病態が本当にそうなのか不明な方もかなり多いのが現状でしょう。

逆に病院で坐骨神経痛と診断された場合には、このような機能的疾患については病院はあまり有効な治療方法をもちあわせておりません。

こういうときは、逆にいわゆる代替療法(民間療法)と呼ばれる病院以外の治療が功を奏することが多いです。

病態が坐骨神経痛であるなら、まずはセルフケアをきちんとしましょう。

しっかりケアすればそれだけでも十分改善していくことはできます。

ただ、つらいときには専門家に頼りたい!と思うのであれば自分に合う治療法を今回のランキングを参考に早く見つけられることを期待します。 

「坐骨神経痛の痛みが辛いときどんな治療を選んだらいいのかをランキング形式で紹介!」を最後までお読みいただきありがとうございます。


    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ