踵(アキレス腱)が痛いけど何の治療がいいかわからないときのおすすめ治療は 

お気に入り記事登録

踵の後ろ(アキレス腱あたり)が歩いたりすると痛くなることがあります。

「アキレス腱まわりに問題があるんだろうな」
っていうのは、細かい病態把握は別にして案外素人判断でも可能かもしれません。

実際に、こういう痛みは病態がどうこうよりも、負担をどうやって減らして早く治すか、の方が大切ではないかと考えます。

そのために、治療としては、

  • とにかく今問題があるはずの負担を軽減するための処置
  • 負担がそこにかかってしまう筋肉バランスなどを根本から改善する

ことが必要になります。

とくに負担を減らすには、中敷き(インソール)をいれるとよいでしょう。

それを頭にイメージしたうえで、世間でいろいろある治療の選択肢の中からおすすめのものをランキング形式でわかりやすく紹介してみたいと思います。 

スポンサーリンク

 

1.病院(整形外科)

病院に行くのに適しているのは初期のみで通うことで治してもらえることはあまり期待しない方がいいかもしれません。

  • 症状が強い場合は注射をしてもらえ、それで炎症が治まるため最も即効性がある治療
  • インソール(靴の中敷き)の処方があれば処方してもらうこともあり

という理由です。

そのため、病態がわかっていて注射をしてもらうほどでもなく、インソールの取り扱いがない病院にはあまり用事はありません。 

 

2.セルフケア

まずは足への負担を減らすために、インソールをスポーツ用品店で自分で買ったり、ネットで購入したりしてとにかく物理的な負担を減らします。

インソールは店なら店員に相談し、ネットなら説明をきちんと読んで選びましょう。

踵の衝撃吸収に優れたタイプを選ぶ必要があります。

このとき、ミスしがちなのは100均ショップで済ませようとすることです。

こういうのは特に安いのは安いなりのつくりです。

買いに行く時間と手間を考えればもう少し出費してでも確実なものを手に入れるべきと考えます。

セルフケアの時点でだいぶ安くつきますのから、それ以上はケチらずそれなりにきちんとしたものを購入しましょう。

そして、踵にかかる負担を減らすためには身体の筋肉バランスや歩き方などをきちんと整えるのが確実な方法です。

それをするためのエクササイズなどはこちらを参照ください。 

歩くとかかとが痛い原因はアキレス腱!自分で対処して治す方法とは

スポンサーリンク

 

3.インソールを扱っている治療院(整骨院・整体院)

『インソール』はできればきちんと用意したいところですが、

  • アドバイスを受けたり説明を読んだだけでは自分で選びきれない
  • 通っている治療院がインソールの取り扱いがある

などの場合であればそちらで購入するのも方法でしょう。

治療院でも治療法はその店舗によって全く違います。

料理屋のように店の外観やメニューを見るだけでその違いがおおよそわかるようにはなっていません。 

 

4.鍼灸院

鍼灸治療は、全身のバランスを整えることが得意な治療方法です。

患部に直接鍼や灸をすることで筋肉の緊張を緩和させることもでき、痛みを軽減させるには有効な治療方法ではないかと考えます。

ただし、最初はインソールやセルフケアなどの併用下で根本治療をするというスタンスがよいかと考えます。 

 

5.整体・カイロプラクティック

アキレス腱周囲に問題が起こった原因は、

  • そもそもアキレス腱が長年の負担で弱っている
  • ふくらはぎの筋肉の柔軟性の低下や負担が増えるようなバランスに身体がなっている

ことが挙げられます。

そこで、骨盤矯正などのこれらの治療は悪くなったバランスを整えてくれるという点では必要な治療になります。

ただし、早く症状を抑えていきたい、という方には他のものを組み合わせていかないとその望み通りにはいってくれないかもしれません。

スポンサーリンク

 

6.整骨院・マッサージ屋

ここでは、いわゆる電気やマッサージなどの典型的なものを指しますが、効果がすきっとでにくいかもしれません。

患部だけを電気やマッサージで筋肉を緩めても、体重の負担がかかればすぐ負担は蓄積されます。

やはりその負担の蓄積の問題などについて同時にアプローチできないと焼け石に水になってしまうことが懸念されます。

 

まとめ

踵の後ろ(アキレス腱まわり)の痛みは、自分の身体のバランスの問題とふくらはぎの筋肉の方さなどで患部に負担がかかっている問題が重なっているものです。

そのため対処も

  • 患部の負担を減らす処置や対処
  • 全体的なバランスを取り戻す

ことができるのが理想です。

どんな治療でも言えますが、今回紹介した治療方法をひとつだけするのではなく、目的の違うものはうまく組み合わせてどんどん対策していくのがいいのは間違いありません。

ただ、普段から忙しく過ごされているみなさんにとっては
「じゃあ全部まとめてやるからこんな順番いらないでしょ?」
というくらい時間に余裕を持てる方は少ないと考えます。

そこで、それらをどう優先順位をつけていくのが効率的か、という観点からの順位付けです。

もちろん今回順位が高かった治療方法をとりわけ高く評価しているわけでも、低くなった治療方法を軽んじているわけでもありません。

この状況下でなるべく重複しないで効果的な治療選択をするために優先順位をつければこうなるだろうという仮定で筆者の知識・経験をもとにつけているものという前提をご理解いただければと思います。

私は、うまくパパッと対処してまずは今ある痛みを鎮めてからコツコツ根本治療するのが患者さんにとって1番いいと思います。

その道に進んでいただけるための判断材料のひとつになっていただければ幸いです。 

「踵(アキレス腱)が痛いけど何の治療がいいかわからないときのおすすめ治療は 」を最後までお読みいただきありがとうございます。


    

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ